【ドラマ・アニメ】週刊ストーリーランド短編作品 #004 平成11年11月4日放送分『最終面接』『あきすと少年』『ほんとうのゴミ箱』

週刊ストーリーランド_放送回別解説_004 ドラマ、アニメ紹介
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

最終面接

哲也は三流大学の4年。就職活動中だが、どの会社も不採用だった。そんなある朝、超一流会社の丸菱商事から、最終面接に残ったという電話が来る。午前9時に行なわれる最終面接にあと時間厳守で来てほしいとい言われる。電話が来たのが朝の8時。あと1時間しかない。哲也は急いで家を飛び出した。哲也は時間を守ためには手段は選ばなかった。

子供が産まれそうだから譲ってくれという人を振り切ってタクシーに乗り、運転手には通ってはいけないスクールゾーンを走らせたりした。駅ではおばあちゃんを押しのけて切符を買い、人をけちらしながら閉まりそうなドアに割り込んだ。会社の近くに来ると、ライバルらしき男の邪魔をして、自分だけ時間通りに面接会場に到着。哲也は一安心する。ところが面接会場に着くと、「最終面接はこれで終わりです」と言われ、唖然とする。会社に着くまでの一部始終を監視されていたのだ。

けちらしてきた人たちはみんなアルバイトだったのである。哲也は、せっかくのチャンスを無にしてしまったことで自分のやったことを後悔した。しかし、次の瞬間「合格です」と告げられる。懸命になって時間どおりに来ようとしたことが報われたのだ。しかし、その喜びも束の間。一任された仕事は、内戦の続く、戦火の激しい国での勤務だった。

製作スタッフ

  • 絵コンテ:大原実
  • 演出:五月女有作
  • キャラクター:宇都木勇
  • 作画監督:宇都木勇
  • 美術監督:竹中京助
  • 音響監督:大熊昭
  • 効果:庄司雅弘
  • 調整:大城久典
  • 制作:東京ムービー
  • 制作協力:東京キッズ

声の出演

  • 哲也:林延年
  • 人事部長:幹本雄之
  • 運転手:加賀谷純一
  • 社長:飯塚昭三
  • 若い男:檜山修之
  • 臨月の女:永島由子
  • 子供達:前田千亜紀、佐藤ゆうこ
  • 老婆:鈴木れい子
  • 男:家門良
スポンサーリンク

あきすと少年

ある日の夕方、あきすが一軒の家に入る。彼が家の中を物色していると、その部屋に少年が現れた。少年はあきすを見るなり「お父ちゃん」と言った。少年はあきすのことを帰ってこない自分の父親と勘違いしたらしい。

あきすは慌てて、父親のふりをする。少年の話によると、家はとても貧乏のようだった。あきすは、すきを見て逃げようとするが、少年にみつかり、思いとどまる。貧乏な少年に同情したあきすは、少年に一万円を渡した。少年は、たばこを吸うあきすの姿を見て、叫んだ。

「本当のお父ちゃんじゃない!」動揺したあきすは、少年に自分の財布を与え、自分が父であることを少年に信じ込ませた。納得する少年に別れを告げて、家を出て行くあきす。少年はあきすの残していった財布を見て、ニヤリと微笑んだ。実は、少年もあきすだったのである。

製作スタッフ

  • 絵コンテ:鈴木卓夫
  • 演出:鈴木卓夫
  • キャラクター:関修一
  • 作画監督:高田三郎
  • 音響監督:鈴木朗
  • 美術監督:小林克良
  • 効果:横山正和
  • 調整:田中章善
  • 制作:シンエイ動画
  • 制作協力:ノーサイド

声の出演

  • あきす:岸野幸正
  • 少年:頓宮恭子
  • 借金取り:宝亀克寿
  • 少年時代のあきす:長沢直美
  • 父親:長嶝高士
  • ヒロシ:佐藤ゆうこ
  • 母:堀越真己
  • ナレーション:岡田ルミ
スポンサーリンク

ほんとうのゴミ

山田末吉は廃品回収業を営むが、商売は低迷してきた。そんなある日、末吉はひょんなことから怪しい老婆に“ほんとうのゴミ箱”なるものを買わされる。それは、紙を書いて捨てたものなら何でも消えてしまう、魔法のゴミ箱だった。そこで、末吉は、企業が出すゴミや産業廃棄物に目をつけて大儲けし出す。

さらに、そのゴミ箱を使うと『妻のゼイ肉』まで消せるということがわかり、末吉はエステティックサロンを開業。店は大繁盛して、末吉は大金を手にした。その後、調子に乗った末吉は、自分達にとって邪魔なものも次々に消していったのである。それから1年程が過ぎ、大金持ちとなった末吉の家に、ある日強盗が入った。末吉ともめ始めた強盗は、末吉が投げつけた“ほんとうのゴミ箱”を拳銃で撃って、壊してしまう。

すると、今まで消したものがすべて戻ってきてしまった。妻は元の太った身体に戻り、末吉は膨大なゴミを始末するのに、貯め込んでいた金を全部使い果たすことに…。こうして、末吉は「今の世の中ゴミより高いものはない」ということを悟ったのだった

製作スタッフ

  • 絵コンテ:四分一節子
  • 演出:高橋滋春
  • キャラクター:四分一節子
  • 作画監督:小林ゆかり
  • 美術監督:長尾仁
  • 音響監督:大熊昭
  • 効果:庄司雅弘
  • 調整:大城久典
  • 制作:東京ムービー
  • 制作協力:マジックバス

声の出演

  • 山田末吉:二又一成
  • 山田まり子:くじら
  • 老婆:堀絢子
  • 銀行員A:千葉一伸
  • 女の子:田村ゆかり
  • 社員:岩永哲哉
  • 強盗:楠木大典
  • 女A:瀧本富士子
  • 女B:佐藤智恵
  • 客:竹口安芸子
  • 銀行員B:荻森
スポンサーリンク

全放送回別リンク一覧

全56回の全ての放送回ごとに、収録内容をまとめました。一部放送回にについては情報がありませんでしたが、それ以外は全ての内容をまとめてあります。是非ご覧ください。

#001~#010

#011~#020

#021~#030

#031~#040

#041~#050

#051~#056

コメント

タイトルとURLをコピーしました