【ドラマ・アニメ】週刊ストーリーランド短編作品 #030 平成12年9月21日放送分『ふえるほうき』『姿なき放火犯』『ちいさな肩たたき健』

週刊ストーリーランド_放送回別解説_030 ドラマ、アニメ紹介
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ふえるほうき

夫の転勤で関西から引っ越してきた、主婦梅田サチ。東京に馴染めず、いつも一人。ある日、不思議な老婆と出会い、「ふえるほうき」を購入。その帰宅途中、カラスがゴミをあさっていた。サチはカラスを追い払い、「ふえるほうき」を使って掃除をする。あまりの使いやすさにあたり一体を掃除し、近所の主婦達と友達になる。「ふえるほうき」とは友達が増えるほうきだたのだ。ただ、面白い会話が増えたぶん、笑いじわも増えたのだが・・・

次に、サチは老婆から、「ふえるハンガー」を購入。次々と、服をもらい、ファッションショーのような毎日。「ふえるハンガー」とは、掛ける服がなくなると、服が手に入るハンガーだった。ただ、洗濯物も増えたのだが・・・次に購入したのは「ふえるエプロン」。昼食時に、あまり物でご飯を作ろうとすると、手が勝手に動いて料理をする。サチの料理のレパートリーがドンドン増えて行く。ただし、体重も増え、家計は火の車。サチは、老婆のもとに文句を言いに行く。そして、老婆に世界一のお金持ちになれるようにして欲しいと言って、「ふえる貯金箱」を購入。

「ふえる貯金箱」が、お金を入れると勝手に増やしてくれる貯金箱であることを知ると、サチは定期預金をおろし、サラ金にお金をかりまくり、あげくの果てには、夫の給料を前借して、貯金箱にお金を入れる。貯金箱は巨大に膨れ上がった。だいぶお金もたまったので、サチは少し贅沢をしようと貯金箱にお金を出す様に要求するが、貯金箱は自分の仕事はサチを世界一の金持ちにすることだと言って、お金を出さない。サチは、貯金箱を壊して、お金を出そうとするが逆に、貯金箱の下敷きになって死んでしまう。

製作スタッフ

  • 絵コンテ:前島健一
  • 演出:熨斗谷充孝
  • キャラクター・作画監督:都築裕佳子
  • 美術監督:長尾仁
  • 音響監督:大熊昭
  • 整音:大城久典
  • 効果:庄司雅弘
  • 制作:東京ムービー
  • 協力:マジックバス

声の出演

  • 梅田サチ:大島榎奈
  • 老婆:堀絢子
  • 主婦A:近藤高子
  • 主婦B:山口由里子
  • 主婦C:萩森侚子
  • 貯金箱:水谷優子
  • 宅配便:岡野浩介
スポンサーリンク

【女警部・神宮司葉子】姿なき放火犯

ある高級マンションで火災がおこった。中から、小説家夏目清彦の焼死体が発見される。女警部神宮寺葉子は現場で、溶けたペットボトルと、その下にある栓抜きを発見。唯一、合鍵を持っている妻のユリは犯行当時、京都のとあるホテルにいた。神宮寺と部下の江森は、京都へ向かう。すると、そこでユリが犯行時間に、事務所でFAXとコピーを借りていた事がわかる。しかも、大切なものなので、みんなに席をはずすように言ったと言う。

また、別の女性が言うには、事務所が一瞬光ったという。考える神宮寺の前で、江森が報告書をコピーしようとした。すると、誤ってコピーのスタートボタンを押してしまう。蓋を閉めずに光りを放ちながらコピー機は作動した。神宮寺はそれを見て、事件の真相を掴む。取調べ室に呼び出された夏目ユリに、神宮寺は放火の犯人は、ユリだと詰め寄る。まず、死体から検出された大量の睡眠薬。

これは、あらかじめユリがコーヒーなどに混ぜて、清彦に飲ませたものだった。そして、窓際にペットボトルを起き、その下に栓抜きを置いて、角度を調節。ファックスの用紙に当たるようにした。それだけでは、発火しないので、FAX用紙にあらかじめ香水を含ませておいた。そして、コピー機の蓋を開けたままコピー機を作動させ、濃い黒い紙をつくると、それをFAXした。光は、香水を含んだ黒い紙に集まり、発火した。ユリは、夫が仕事ばかりでかまってくれず、淋しかった胸の内を告白し、罪を認める。

製作スタッフ

  • 絵コンテ:浜津守
  • 演出:岡崎幸男
  • キャラクター・作画監督:平山智
  • 美術監督:本田修
  • 色彩監督:森嶌一美
  • 音響監督:大熊昭
  • 効果:庄司雅弘
  • 整音:大城久典
  • 制作:東京ムービー

声の出演

  • 神宮寺葉子:小山茉美
  • 江森:中村大樹
  • 署長:富田耕生
  • 夏目マリ:高嶋雅羅
  • 従業員:遊佐浩二
  • ベットメイキング:久川綾
  • ナレーション:銀河万丈
  • 鑑識A:石井康嗣
  • 鑑識B:松本保典
スポンサーリンク

ちいさな肩たたき健

生まれた時から、心臓疾患を持つ少女。両親は,この子が育つ様にと「育美」と名付ける。母親の誕生日に「お手伝い券」を3枚プレゼントする育美。お手伝いをしたくて仕方ない育美に,母親はお皿を拭いてもらったりする。ある日、そのお手伝い券を使って、掃除機をかけてもらおうとすると、育美は倒れてしまう。

病院に運ばれる育美。育美は、そこで母親の誕生日に今度は「肩たたき券」を10枚プレゼントする。そして、率先してつかわせてくれとねだる。これくらいしか出来ないからと・・・そして、とうとう医者にあと3ヵ月の命だと宣告される。のこりすくない命を家で過ごさせてあげようと、育美を家につれて帰る。

その数日間は、非常に楽しい日々だった。ところが、育美はまた、倒れてしまう。病院で苦しみながら母親に「なんでもいうことをきくけん」を手渡す育美。だが、彼女はそこで、息絶え、その券が使われることはなかった。

製作スタッフ

  • 絵コンテ・演出:福島一三
  • キャラクター・作画監督:我妻宏
  • 美術監督:脇威志
  • 音響監督:早瀬博雪
  • 効果:松田昭彦
  • 整音:大石幸平
  • 制作:日本アニメーション
  • 協力:シナジージャパン

声の出演

  • 智子:甲斐田ゆき
  • 伸也:中博史
  • 育美:長田侑里乃
  • 院長:菅谷勇
  • 医師:中尾みち雄
スポンサーリンク

全放送回別リンク一覧

全56回の全ての放送回ごとに、収録内容をまとめました。一部放送回にについては情報がありませんでしたが、それ以外は全ての内容をまとめてあります。是非ご覧ください。

#001~#010

#011~#020

#021~#030

#031~#040

#041~#050

#051~#056

コメント

タイトルとURLをコピーしました